bijin345 のすべての投稿

免疫力アップのために青汁を毎日飲んでいます

免疫力が昔から弱く、季節の変わり目に風邪を良く引いたりアトピーが季節によって出てきてしまったりする体質です。
仕事柄食生活にもそこまで気を使っていられないので慢性的に野菜不足の状態になり、便秘や肌荒れなどにも悩まされている毎日でした。

青汁の存在は昔から知っていたのですがサプリメントや健康飲料に頼りたくないタイプで、そこまで効果も無いだろうと思っていたのですが健康診断で食生活の改善を指摘されたのをきっかけに冷凍のタイプの青汁を毎日晩御飯の前に1杯必ず飲む生活を始めてみました。

粉末タイプよりも冷凍のものの方がビタミンや食物繊維などといった成分がしっかり残っているように感じたので選んだのですが、はっきり言って味はとてもストレートで飲めるような美味しいものではありませんでした。

100%のフルーツジュースで倍に希釈してやっと飲める程度の味ですが、逆にそれがしっかり野菜を取っているというか健康に良い様な気がして気にいりました。
お値段も安くはなかったのですが健康には変えられないと思い、毎日1杯を継続してとりあえず一月続けることにしてみました。

先に変化が出たのは便秘でした。3日ほど出なくても当たり前の生活だったのですが飲み始めて2週間ほどで最初は緩めの便が毎日出るようになりました。緩い便は数日で終わり、その後はしっかりと普通の便が毎朝決まった時間に出るようになりました。

今まで自分がいかに食物繊維や水分を取る事を意識していなかったか思い知りました。
とりあえず継続すれば変化が出るということでその後も毎日1杯のペースで青汁を飲み続けていますが、便秘が解消され腸内環境が良くなったこと、また野菜不足が若干青汁によって補えていることもあってかアトピーの症状が段々収まってきているのを感じました。夜眠れなくなるほど痒いことも多々あったのですが、強い薬を塗らなくても生活が出来るほどに改善しました。

青汁はあくまでも食事の補助的な役割という風に思っていたので、自分の体にここまで変化が出るとは思わず驚きました。
今はもう青汁を飲み始めて1年半が経過しますが、季節の変わり目になっても体調を崩すこともなくアトピーに関しても青汁を飲み始める前に比べると驚くほど軽くなりました。皮膚科の先生もびっくりしていました。

味は美味しくはないですし、コスト的にもそこそこかかるのが難点ですが、この冷凍タイプの青汁が今の私の体には合っているようなのでこれからも毎日健康のために飲み続けたいと思います。

参照サイト様;便秘さよなら!青汁でお通じ改善レシピ

青汁の効能を解説(ゴーヤといぐさ)

ゴーヤの青汁

b-j (74)ゴーヤは、正式名称「ツルレイシ」と言い、未熟な果実を野菜と
して利用するウリ科の植物です。ゴーヤは、苦味が持ち味の沖縄
を代表する野菜で最近の健康ブームで好んで食する方が増えてき
ました。コーヤには、ビタミンやカリウムが多く含んでいて、
糖尿病や高血圧の方に最適で血糖値を下げる効果があると言われています
ゴーヤの青汁は、独特の苦みがあるので黒糖を混ぜて飲
みやすくするのが一般的です。

<栄養成分>

ゴーヤには多くの栄養成分が含まれており、食物繊維、カリウム、
β-カロテン、ビタミンC、ビタミンB1・B2、シトルリンなどです。
また通常は、ビタミンは熱に非常に弱く、加熱調理をすると減少
してしまいますが、ゴーヤに含まれるビタミンに関しては、熱に
強く加熱調理してもほとんど減ることがありません。しかもゴー
ヤに含まれるβ-カロテンは、油で炒める事で 吸収率が大幅に上
昇します。

<効果・効能>

ゴーヤの持つ効果・効能は、免疫力向上、糖尿病予防、抗がん作
用の他に美肌効果、風邪予防にも効果が期待できます。
またゴーヤに含まれているシトルリンには抗酸化作用やお肌の保
湿効果を高める女性にとって嬉しい効果があります。
さらに、ゴーヤ独特の苦味は、モモルデシンという成分で、 体内
に入ると胃腸を刺激して、消化液分泌を促進させるので食欲が出
てきます。また、血糖値を下げる効果が期待できるので糖尿病予
防や免疫力の向上に効果が期待できます。

いぐさの青汁

b-j (73)いぐさは、正式名称「イ(藺)」と言い、単子葉植物イグサ科の
植物です。いぐさは、畳の材料として一般的に知られていますが、
食用としては認識がないと思います。しかし、薬草として、歴史
がかなり古く利尿薬や消炎剤として使われてきました。いぐさは、
食物繊維が豊富でケールの1.5倍程あります。いぐさの青汁は、
抹茶などと混ぜて飲みやすくしているのが一般的です

<栄養成分>

いぐさは食物繊維を多く含んでいて 100グラム中に63グラムも入
っています。多くの食物の中でも 非常に食物繊維が高いランクに
位置しています。他にもタンパク質、糖分、鉄、カルシウム、マグ
ネシウム、カリウム、 β-カロテン、ナトリウム、ビタミンC、ク
ロロフィルを豊富に含んでいます。

<効果・効能>

いぐさに含まれるクロロフィルには、消臭効果や殺菌効果以外に、
デトックス効果や抗酸化作用もあるので、便秘解消や発ガン抑制
にも効果が期待できます。他にも、昔から効能があるとしていた
利尿薬や、消炎剤として期待できます。
最近の研究で、いぐさの活性酸素消去力が極めて有効であること
が 判明して活性酸素が蓄積するとアレルギー疾患、アトピー、
糖尿病、動脈硬化、ガンなどを引き起こすので、いぐさの青汁を
習慣にすることで活性酸素を消去できる効能が期待できます
また、いぐさは畳として使用されるのですが、いぐさにはリラッ
クス効果があり、集中力もアップします。

ニキビケアにも効果的!青汁を飲んで美肌を目指そう

【1】 しつこい大人ニキビの原因とは

思春期ニキビと違い大人ニキビは治りにくいですよね?
思春期ニキビの原因は皮脂の過剰分泌です。そのためスキンケアを施し毛穴の詰りや肌を清潔に保つ事で快方へ向かいます。
ところが大人ニキビはそうはいきません。
この症状を引き起こしているのは肌のターンオーバーやホルモンバランスの乱れ、スキンケアだけでは肌の回復は見込めないと言えます。
ターンオーバーやホルモンバランスが乱れる原因となるのは、食事や睡眠等の生活習慣・ストレス・誤ったスキンケア・内臓の不調や便秘などです。

特に食生活は身体に大きな影響を与えています。
野菜には健康を保つための成分が沢山含まれていますが、外食やインスタント中心の食事では限られた栄養素しか摂取する事ができません。
そうでなくても現代人は深刻な野菜不足と言われています。
健康に気を配っている方でも毎日摂るのは難しいかもしれません。

【2】 青汁の成分に注目、ニキビに効果的なものとは

毎日摂るのが難しい野菜を必要量手軽に摂取できてしまうのが、青汁の一番の魅力です。
食事と合わせて飲むだけでニキビケアや予防になるのなら、簡単なので続けやすいですよね。

●ビタミン

ビタミンには肌の状態を整える効果があります。
ビタミンの中でも特に重要なのがビタミンB群です。
ビタミンB2には脂質や皮脂の分泌を調節、肌や粘膜を保護する働きがあります。
これが不足してしまうと肌が脂っぽくなり、ニキビの増加や悪化に。

また、B2はB6と同時に摂取する事でより効果が上がります。
他のビタミンと合わせる事で効率的に働いてくれるので、ビタミンは複数を合わせて摂取するといいでしょう。

ビタミンが多く含まれている食材は野菜や果物です。
青汁には複数のビタミンが配合されているのでニキビ対策としてピッタリですね。

●食物繊維

便秘もニキビの原因になります。
しつこい便秘で悩んでいるという方は腸内環境が悪化していると考えてください。
腸内環境が崩れてしまうと、腸内にある悪玉菌や老廃物が排出されずに蓄積されます。
そうなる事で身体全体の機能が低下し、ニキビや様々な症状が起きるのです。

野菜に多く含まれている食物繊維は腸内環境を整えるのに効果的
溜まった老廃物や悪玉菌が体外に排出されるので肌の状態も回復し、同時に免疫力も高まり病気に掛かりにくい身体作りにも◎

ニキビケアや予防のためには、ビタミンや食物繊維は継続して摂取する必要がありますが青汁なら問題ありませんよね。
青汁はまさに美肌にも優れた健康飲料というわけです。